横手山リフト株式会社 索道安全報告書

 

横手山・渋峠スキー場 対象リフト一覧

 

リフト名 乗車人員 長さ(m) 所要時間
横手山第1スカイリフトA線 2 名 1,122m 9分29秒
横手山第1スカイリフトB線 2 名 1,122m 9分29秒
横手山第2スカイリフト 3 名 1,103m 4分36秒
横手山第3スカイリフト 2 名 409m 3分25秒
横手山第4ペアリフト 2 名 359m 2分56秒
横手山第5リフト 1 名 391m 4分09秒
横手山第6リフト 1 名 616m 5分42秒
渋峠第1ロマンスリフト 2 名 892m 7分26秒

 

 

1. 利用者の皆様へ

 

当社の索道事業に対しまして、日頃のご利用とご理解をいただきまして誠にありがとうございます。

当社は、経営理念の第一に安全の確保を掲げ、法令の遵守とともに安全輸送に最大限の努力をしております。 本報告書は、鉄道事業法に基づき、輸送の安全確保のための取り組みや安全の実態について自ら振り返るとともに広くご理解いただくために公表するものです。

今シーズンはもとより、今後も索道の安全運行に努めるために設備の整備・安全運行に最大限努力してまいります。 今後も当社の索道を安心してご利用ください。

 

 

2. 安全方針と安全目標

  (1)安全方針
    代表取締役及び役員は、安全第一の意識をもって事業活動を行なえる体制の整備に努めるとともに、索道施設及び職員を総合活用して輸送の安全確保をするための 「安全の基本方針」を次のように掲げ、周知・徹底しております。
   

 ①索道事業における最大の使命は輸送の安全の確保であることを深く認識すること。

 ②輸送の安全を確保するために必要な要件は安全管理規程ほか関係法令を遵守すること。

 ③輸送の安全を確保するために安全に対する問題意識を持ち続け、事故予見性の感覚を磨くこと。

 ④事故・災害が発生した時は人命救助を最優先に行動し、すみやかに安全適切な処置をとる。

 ⑤情報は漏れなく敏速・正確に伝え、透明性を確保します。

  (2)安全目標
   

 ①索道運転事故の目標・・・・・乗客の死亡を伴う事故を発生させない

 ②13-14シーズンの目標・・・・索道の人身障害事故の発生件数ゼロを続ける

 

 

3. 事故等の発生状況とその再発防止処置

  (1)索道運転事故(索道人身傷害事故)
    平成25年度の国土交通省へ届出する索道事故は1件もございませんでした。
  (2)災害(地震や暴風)
   

強風・視界不良で時間帯により運休した索道があり、お客様にはご迷惑をおかけしましたが、安全確保のためにご協力いただきました。 運休に出くわしたお客様、ご協力ありがとうございました。

 

(3)インシデント(事故の兆候)

   

平成25年度、国土交通省への報告はありません。

  (4)行政指導
   

平成25年度、行政指導は受けておりません。

 

 

4. 輸送安全確保のための取組み

  (1)人材教育
    当社では、お客様の安全に役立つよう冬山シーズン前および夏山シーズン前に施設および機械の各種取り扱いについての安全教育を実施しております。
  (2)緊急時の対応訓練
   

毎年、冬シーズン 全スタッフが揃ったところで、緊急時における救助訓練ならびに緊急時における連絡通報訓練を行なっております。

 

(3)安全重点施策

   

安全の維持・向上のためシーズン中の自社点検は最善の注意を払うとともに、シーズン中に2回メーカーによる保守点検を受けております。 また夏季の点検整備にも最善をつくしております。

今年度の夏季整備といたしまして、下記のとおり点検整備を行ないました。

 

 横手山第1スカイリフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換・緊張油圧シリンダーのオーバーホール

 横手山第2スカイリフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換および山頂場内の押送チェーンの交換

 山麓原動制動ユニット交換山麓山頂場内点検整備

 横手山第3スカイリフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換

 横手山第4ペアリフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換

 横手山第5リフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換

 横手山第6スカイリフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換

 渋峠第1ロマンスリフトの握索機の点検整備・索輪の点検交換

 

 

5. 安全管理体制図


体制図

 

 

代表取締役兼安全統括管理者 索道事業の安全確保に関する業務を統括し、輸送の安全確保に関する最終的な責任を負う。

代表取締役・取締役

索道事業の安全確保のため、代表取締役兼安全統括管理者を補佐する。
索道技術管理者 安全統括管理者の指揮の下、索道の運行の管理、索道施設の保守管理、その他の技術上の事項に関する業務を統括する。
索道技術管理員 索道技術管理者の職務を補佐する。

 

 

6. その他の事業活動

  (1)表彰
   

平成18年10月26日に北陸信越運輸局長の無事故表彰を受けております。

平成22年10月13日に関東運輸局の無事故表彰を受けております。

 

 

7. 利用者の皆様の連携とお願い

  (1)『お客様の声をかたちにしています』
    より安全で信頼される索道をつくるため、皆様からお寄せいただいた声を役立てています。
  (2)リフト乗車時の注意事項
   

①リフトに乗りなれないお客様は、係員にお申し出ください。

②リフト乗車中時又はゲレンデ内への空き缶・タバコ等の物の投げ捨ては絶対にしないでください。

③リフト乗車中 搬器から飛び降りたり、搬器を揺すったりしないでください。

④リフト乗車時は、係員の指示に従ってください。

⑤衣服・携帯品・髪の毛などが施設に巻き付かないように注意してください。

 

 

8. 連絡先

  安全報告書へのご感想、安全への取組みに関するご意見をお寄せください。
   

〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7148

横手山リフト株式会社

TEL 0269-34-2600 FAX 0269-34-2575