梅雨が木々を育てると思えば…

2019.06.16

梅雨前線が停滞すると、私たち「横手山・渋峠」のスタッフはガッカリなのですが…社長曰く「雨が降るときはしっかり降ってくれればいいんだよ。その分、しっかり晴れてくれるものですよ」と楽天的。

たしかに「青梅雨」という季語があるとおり、この雨粒が春の陽光を浴びた若葉一枚一枚までを潤すことで、青々とした夏の森が育っていくと考えれば、梅雨もまた素晴らしい日本の季節なのだと思います。

そして霧は、やっかいなものではあるのですが、時に幻想的な風景をもたらしてくれます。毎週のように渋峠まで自転車で上るという(信じられません!w)i_toshiaki さんの写真を、ご紹介。

「登った数だけ景色がある! 渋峠12」という写真は、真っ白になってしまった渋峠から万座温泉にもどった途中でのカットだそうです。たしかにこの時期の霧と白樺はなんともみずみずしく、清冽とした森をひきたててくれます。

突き抜けた青空とは違う魅力が、この時期の横手山、志賀高原や万座温泉にはあります。ゆったりと幻想的な森をドライブしたり散策するのも素敵ですね。でも…早めに梅雨は明けてほしいな〜w

素敵な風景を目の当たりにできるとはいえ、自分の脚だけで2172mまで登り切る自転車乗り。すごいです。汗だくになって登るみなさんへの感謝感動?企画をつくれないかな〜とスタッフはまたまた考え中ですw(たいしたことはありませんが…)

横手山・渋峠スキー場<インスタキャンペーン>。6+7月の月間賞募集が始まりました。雪の思い出でも、日の出、夕陽、天の川…初夏の横手山、渋でも大歓迎。ぜひアップしてください!
年間大賞の賞品はシーズンパス! 横手山・渋峠で写真を撮ったら横手山・渋峠スキー場インスタグラムのアカウントをフォローし「#横渋2019」をつけてインスタに投稿するだけ。

★キャンペーン内容はこちらで確認ください
https://yokoteyama2307.com/campaign/
★横手山・渋峠スキー場のインスタアカウントをフォローしてね
https://www.instagram.com/yokoteyama2307/
★i_toshiaki さんの作品はこちら
https://www.instagram.com/p/ByfSAbBlivL/