名人が採った竹の子汁!

2019.07.01

というわけで、昨日に引き続き竹の子汁のお話です。「2307スカイカフェ」では、山本名人が採った竹の子を保存するため、連日下処理してたくさんの竹の子の瓶詰めをつくっています。

そして、サバ缶をつかったローカルフード「竹の子汁」ができあがります。

写真は試作段階のものですが、「2307スカイカフェ」では大きめのお椀でたっぷりご提供しています(竹の子は刻むと味噌汁の中に沈んでしまうので、竹の子がどれだけ入っているかがわかるようにかさ上げして撮影しました)。

サバ缶の入った竹の子汁は、この地方のローカルフード。各家庭で少しずつアレンジがあるので、竹の子の刻み方一つとっても喧々囂々(笑)。横手山エリアにある山本荘さんの竹の子汁とも少し違いますね。

「2307スカイカフェ」はこちらです⬇️GoogleMapに登録されました。

採れたてのマガリダケを名人に頂戴したのですが、どこまでが外皮なのか、どこまでが食べられるのかを見分けるのが難しくて、自宅での作業は失敗(トホホ)。なにしろ、竹の子に切れ目を入れて向くための器具まで地元では売っているから驚きです。処理はプロに任せて食べるだけに専念したほうがよさそう、というのが結論です(笑)

どう切るかもそれぞれの流儀があるようです^^

「2307スカイカフェ」の「竹の子汁」はたっぷりめのお椀に入って400円です。