横手山・渋峠魅惑のカルテットへようこそ!②2307m日本で一番標高の高い満天ビューテラスへ

2019.07.28

日本一標高の高い横手山「2307満天ビューテラス」(※当社調べ。日本一標高が高い年間営業のテラス。それもリフトで上がれるので楽ちんw)。日本各地に「雲海のテラス」がありますが、北海道のあそこが1000m台。長野のあそこが1400m、そこが1700m台…標高はレベルが違います^^

雲の流れるのを見とれているだけで時間が過ぎていきます(2307満天ビューテラス)

ですから2307mの満天ビューテラスからは、富士山、浅間山、御岳、乗鞍岳から、前穂高岳〜槍ヶ岳の穂高連峰、立山、白馬三山(白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳)、戸隠山、黒姫山、妙高山、そして佐渡島まで見渡せる、圧倒的な大パノラマが広がるというわけです。

右に見えるのが槍ヶ岳。

「2307満天ビューテラス」は、ぐるっと横手山周遊チケットでスカイレーター➡第3スカイリフトを乗り継いで山頂駅に着いたら、絶対に行ってほしいポイントです。「2307満天ビューテラス」は山頂駅の屋上にありますので、本当の標高は2307+数メートル!?

まだ冬でもある5月の山頂駅。右端に見えるのが「満天ビューテラス」です

この日は、スイスからのお客様が「2307満天ビューテラス」で景色とランチを楽しんでいました。併設されている「クランペットカフェ」から志賀高原ビールと新メニューのラクレットやダブルクランペットwithベーコンなどをモリモリ。こんな風に満天ビューテラスを使うのは、オシャレだなと思います。

※夏期のみ営業の山小屋にあるテラスには横手山より標高の高いところがございますが、2307満天ビューテラスはリフトで上がれるテラスでは日本で一番高く、年間を通して営業するテラスとしては、当社調べでは日本で一番高い標高を誇ります。