横手山・渋峠魅惑のカルテットへようこそ!③

2019.07.31

「横手山2307ぐるっとチケット(周遊券)」を巡る小旅行。渋峠ロマンスリフトを降りたら、スタッフ手作りのスノーボードを加工して作ったバス停にお越しください。手作りならではのかわいさでしょ? 無料シャトルバスはフル回転で順次、渋峠⇔スカイレーター前を往復しています。目の前に「県境のホテル=渋峠ホテル」がありますから、場所はすぐわかります。

時間に余裕があれば、日本国道最高地点、あるいはかつての登山道(渋峠ホテルの裏側へと進みます)の散策はいかがでしょう。渋峠ホテルは「県境のパン屋さん」としても、ライダーやサイクリストたちに人気です。ちょっと休憩もいいですね!

渋峠のパン屋さん。お昼には特製竹の子汁定食もありますよ!

さて、シャトルバスの席に余裕があるようでしたら進行方向左側の席に座ってみてください。かつて渋峠ホテルからスカイレーター前に向かう道が「のぞき」と言われた理由とされる、断崖絶壁と横手山が硫黄鉱山だった痕跡が見えるハズです。そしてなによりも絶景です^^ 無料シャトルバスの時間もなかなか魅力的なのです^^

目印は緑色。混雑時にはマイクロバスも運転します。

横手山を「ぐるっと」巡るためには、このポスターを参考にしてください。混雑時には、駐車台数に余裕のあるP1=渋峠にクルマを停めて、無料シャトルバスを①にしてスタートするのがオススメです。

周遊チケットは大人1,300円、子供1,000円です

サマーイベント実施間近! 参加者募集中です〜 涼しく真夏を過ごしませんか?