この夏は「常涼」横手山を起点にエリアワイドに楽しもう!①

2019.08.05

2307m夏の横手山・渋峠は、エリアワイドに見てみると、群馬県と長野県の観光スポットの中心点!

今回は、フルーツ王国でもある蔵のまち=須坂市を紹介します。横手山・渋峠の帰りに訪れたい場所を取材したいと三木正夫須坂市長に相談したところ「今から行きましょう!」となんと自ら連れていってくださったのが「そのさとブルーベリー農園」。なんとフットワークの軽い市長さん!

ブルーベリーの品種は400種類ともいわれるほど多様で、こちらの農園でも25種類ものブルーベリーを育てているのだそうです! その中でも写真のチャンドラー種は、500円玉大にもなるほどの大玉。びっくり。

農園には二重に網が張ってあるのは、ブルーベリーの美味しさを鳥もよく知っているからだそう

じつは須坂市のブルーベリー・シーズンは最終盤。これからの季節は桃やシャインマスカット、リンゴです。横手山・渋峠の高原の爽やかな風と風景を楽しんだあとに、豊かなフルーツの味覚を楽しむのも素敵な体験ですね。

春にはカシスも栽培しているこちらの農園で、オススメされたのが信州須坂フルーツエール2MIX(リンゴ+カシス)。この時期、甘酸っぱいフルーツエールはクラフトビア好きにはたまりません! 在庫2本を買い占めて冷蔵庫に(笑)。今年9月7日(土)には須坂市初のビアフェスも開催されます!5杯券付きで2000円って信じられない安さ!!