日本一標高の高いリフトで上がる満天ビューテラス、いよいよ絶景の秋へ。

2019.10.03

日本で一番標高の高い国道地点(渋峠)、リフトであがる日本で一番標高の高い展望台「2307満天ビューテラス」。群馬県と長野県にまたがる志賀高原 横手山・渋峠は、秋の気配が進んでいます。

圧倒的な滝雲(雲海)が渋峠(山田峠)側から流れ込んできます。双子の島のように浮かぶのは、四阿山(左)と根子岳。左奥には蓼科山〜赤岳の八ヶ岳連峰が望めます。手前の木々は夕陽に赤く染まり、紅葉シーズンの予告編のようです。

さらに南東側をテラスから望めば、正面やや左には白根山、本白根山、その先には浅間山と黒斑山が雲海に浮かんでいます。

日一日と彩りが進む、志賀高原横手山・渋峠。草津から、軽井沢・万座から、長野・中野方面から、山を上るにつれて変わる風景を楽しみにお越しください!