横手山スカイレーターのヒミツ②世界最古の動く歩道!?

2019.07.30

先日紹介した「横手山スカイレーターのヒミツ」。ここで明らかになったのは、横手山スカイレーターは、現存する日本で一番古い(最初の)屋外エスカレーターであり、現存する日本で一番最初(最古)の屋外動く歩道だ、ということです。

視野を世界に広げてみましょう。一気に1871年に遡ります。ニュージャージーの発明家アルフレッド・スピアが「動く歩道」の特許を取得した年です。そして、1893年に開かれたシカゴ万博で「動く歩道」は実現します。ダウンタウンから運河を蒸気船で見本市会場までやってきた乗客向けに、桟橋に作られた全長約1kmの「動く歩道」。乗車料金は5セント。フル稼働すると毎時31,680人もの人を運ぶことができたといいます。

左下の桟橋にある輪と棒状になっているのが動く歩道

世界初の「動く歩道」は、残念ながら翌年のシカゴ大火災で焼失してしまいましたが、1900年のパリ万博での「動く歩道」は、トーマス・エジソンが残したフィルムで見ることができます。①静止②時速約4キロ③時速約8キロの3つのプラットフォームを人々が移動することでスムースに素早く移動できる仕組みです。それにしてもなんと貴重なフィルムでしょう。

この時期の「動く歩道」は、それこそ鉄道のような一種の輸送機関を想定していたようです。なにしろ126年前に、長さ1kmの「動く歩道」を作った技術力には驚かされます。しかしこれらの大規模な「動く歩道」は常設化を計画されるも実現することはありませんでした。再び姿を現すのは約半世紀後。小規模な、言葉を換えれば現代に通じるシンプルな「動く歩道」として姿を現します。

傾斜のついた最初の「常設の動く歩道」は、1954年ニューヨークとニュージャージーを結ぶハドソン・マンハッタン鉄道(現在のPATH)エリー駅に作られた<Speedwalk>です。長さは約84m、勾配10%(斜度でいうと5.7度ですからゆるやかです)。1953年10月のニューヨークタイムズによれば「歩行者用コンベアベルトは、来春ジャージー市のエリー駅に設置され(中略)毎日21,000人の乗客を運ぶと、昨日発表された」とあります。ハドソン・マンハッタン鉄道は経済的に行き詰まったこともあり、1960年にはこの「動く歩道」は撤去されています。

1958年以降、ダラス空港を皮切りにフラットに広がる空港内の移動手段として「動く歩道」は利用されていきますが、その当時のものはすでにリプレイスされていますし、屋内型です。

どうやら…世界でも、現存するなかで最初の(最古の)「動く歩道」は横手山スカイレーターなのではないか…という雰囲気がしてきました!!

ニッコウキスゲがさきはじめました!

猛暑涼感取材大歓迎!梅雨明け東京35℃でも今朝の気温12℃の横手山・渋峠へどうぞ!

2019.07.30

暑い東京(もちろん大阪も名古屋も横浜も全国30℃越え地域)から脱出したいあなた!

猛暑取材に命の危険を感じているテレビクルーの皆様!

東京・練馬の最高気温予想は35℃! の今朝の気温が12℃。最高気温がおそらく20℃前後にしかならない横手山・渋峠へお越しください! 日本最高地点のエスカレーターやトリップアドバイザーで外国人が泊まりたい旅館ベスト3に入った宿など、横手山・渋峠スキー場周りには取材ネタも、家族への説明ネタも十分ありますよ〜  お問い合わせはこちらまで

☝さすがにあれほどあった雪は大雨でとけてしまいましたが、それにしても6月でもこんなに雪があったんですね〜

スカイレーター付近にもニッコウキスゲが咲きました!
スカイレーターを上ったところも絶景ポイントの一つ
第3スカイペアで頂上へ

涼しさ満喫の志賀高原横手山・渋峠へ! 志賀パレスホテル渋峠ホテルも皆様のお越しをお待ちしています

横手山・渋峠魅惑のカルテットへようこそ!(特別編)

2019.07.29

魅惑のカルテット②で、山頂駅までお越しになったら、ぜひ散策していただきたいのが横手山の広い山頂エリアです。

第3スカイペアリフトで急斜面を上がると、信じられないくらい広い山頂エリアが広がるのが、横手山のもう一つの特徴です。このエリアには、魅力あるお店(山頂ヒュッテ=山頂のパン屋さん、日本初のクランペットカフェ)がありますが、それ以外にもぜひ訪れたい場所があるのです。

え・文 あべゆみこ

スカイレーターチケット売場で周遊券をお買い上げになったら「ぐるっと横手山 天空のおさんぽmap」を必ず受け取ってください。お店のほかに、スカイデッキ、横手山神社の鳥居、鉄塔、横手山神社の祠などが紹介されています(渋峠エリアのオススメ場所も)。これを手にしながら歩いていただければ充実間違いなし!

横手山神社の鳥居は渋峠ロマンスリフト山頂駅のすぐそばにあります。
かつては修行の場だったといわれる横手山。この祠のある場所が三角点です。

神社の祠からは先は断崖となっているので、これまた関東方面が絶景。現在では入山禁止で志賀草津高原道路からも見ることができない白根山頂の湯釜のエメラルドグリーンの湖水をわずかに望むことができます。

そして渋峠ロマンスリフトを下りれば…横手山・渋峠魅惑のカルテット③に続きます!

横手山・渋峠魅惑のカルテットへようこそ!②2307m日本で一番標高の高い満天ビューテラスへ

2019.07.28

日本一標高の高い横手山「2307満天ビューテラス」(※当社調べ。日本一標高が高い年間営業のテラス。それもリフトで上がれるので楽ちんw)。日本各地に「雲海のテラス」がありますが、北海道のあそこが1000m台。長野のあそこが1400m、そこが1700m台…標高はレベルが違います^^

雲の流れるのを見とれているだけで時間が過ぎていきます(2307満天ビューテラス)

ですから2307mの満天ビューテラスからは、富士山、浅間山、御岳、乗鞍岳から、前穂高岳〜槍ヶ岳の穂高連峰、立山、白馬三山(白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳)、戸隠山、黒姫山、妙高山、そして佐渡島まで見渡せる、圧倒的な大パノラマが広がるというわけです。

右に見えるのが槍ヶ岳。

「2307満天ビューテラス」は、ぐるっと横手山周遊チケットでスカイレーター➡第3スカイリフトを乗り継いで山頂駅に着いたら、絶対に行ってほしいポイントです。「2307満天ビューテラス」は山頂駅の屋上にありますので、本当の標高は2307+数メートル!?

まだ冬でもある5月の山頂駅。右端に見えるのが「満天ビューテラス」です

この日は、スイスからのお客様が「2307満天ビューテラス」で景色とランチを楽しんでいました。併設されている「クランペットカフェ」から志賀高原ビールと新メニューのラクレットやダブルクランペットwithベーコンなどをモリモリ。こんな風に満天ビューテラスを使うのは、オシャレだなと思います。

※夏期のみ営業の山小屋にあるテラスには横手山より標高の高いところがございますが、2307満天ビューテラスはリフトで上がれるテラスでは日本で一番高く、年間を通して営業するテラスとしては、当社調べでは日本で一番高い標高を誇ります。

横手山・渋峠魅惑のカルテットへようこそ!①現存する日本初の動く歩道スカイレーターへ

2019.07.28

台風一過絶好の雲海日和になろうとしている夏休みの日曜日です!

そんなあなたにオススメなのが、日本一標高の高いリフトで上がる2307mの雲上世界。そこには、「スカイカフェ」「スカイレーター」「満天ビューテラス」「絶景を楽しむ無料シャトル」と<横手山・渋峠=魅力のカルテット>がお待ちしています!

⇧⇩①まずは、スカイレーターに行きましょう。スカイレーターは<現存する日本初の動く歩道+屋外エスカレーター>でもあります(※当社調べ。詳しくはこちらをご覧ください)標高約2060mからスタートする全長約200mの「天空の動く歩道」からの風景は、ここにしかないものです! 

スカイレーター利用の「ぐるっと横手山周遊チケット」をお買い上げの際お渡しするパンフレットには、④のスカイカフェ割引券が付いています!ゲットするのをお忘れなく!⇩

チケット売場で必ずゲットしてくださいネ。裏側は必見ですヨ

ぐるっと横手山は、スカイレーター+スカイリフト(山頂へ)+渋峠ロマンスリフト(下り)+無料シャトルバル(渋峠➡スカイレーター、2307スカイカフェ前)ので1周していただくシステムです。大人1,300円、こども1,000円です。