横手山スカイレーターのヒミツ

2019.07.26

横手山「スカイレーター」をご存じない方にはどのような「乗り物」だと説明するとわかりやすいでしょうか? まずはこんな説明を考えてみました。

標高約2060m地点と約2110m地点を結ぶ絶景の「傾斜のついた完全屋外型動く歩道」あるいは「階段状ではない完全屋外型エスカレーター」です。うーんちょっと固い。イラストのような、北アルプスまで望める絶景をゆったりと楽しむ天空のエスカレーターなんですよね^^

2307m横手山スカイレーターからの絶景 イラスト/あべゆみこ 
え・あべゆみこ

まずは、動く歩道やエスカレーターの歴史から紐解きましょう。なかなか面白いですよ^^

調べていくと日本初の「動く歩道」は「1959年に東京で開かれた国際見本市会場にあった」との記述を日本エレベータ協会さんの会報誌で発見しました。かつて東京・晴海にあった「晴海見本市会場」のことです。1959年の第6回東京モーターショー(当時は全日本自動車ショウ)にあわせて開場した晴海見本市会場は、1996年に閉場。つまり動く歩道は現存していません。跡地には2020年東京オリンピックの選手村として50階建て超高層棟などおよそ5650戸のマンションが建設中です。

晴海見本市会場 中央区思い出写真館より 1996年撮影
晴海見本市会場(中央区思い出写真館より)1996年

次に見つけたのが大阪・阪急梅田駅と阪急百貨店をつなぐ「ムービングウォーク(まんま歩く歩道ですね)」。1967年の導入で、こちらも「日本で初めて」という表現を見かけますが、阪急電鉄さんは「実用化第1号」という言い方をされているようです。

ところで、「こんにちは〜こんにちは〜♬」と三波春夫さんが歌った1970年の大阪万博。大阪千里の会場内での主な移動手段が「動く歩道」でした。当時のマップを見る限り12本の「動く歩道」を発見することができました。主流はゴムベルト方式でしたが、パレット方式の「歩く歩道」も月の石を展示したアメリカ館や三菱未来館などに導入されていました。その経験からか翌71年には前述の梅田駅「ムービングウォーク」は三菱電機製のパレット式に変更されました(現在はさらに最新型にリプレイスされています)。

屋外型エスカレーターに限ると、1969年にできた赤坂東急ビルに設置された地上から2階に上がる日立製800C-PAというエスカレーターが日本初のようです。東急プラザ赤坂さんと、日立ビルシステムさんに電話して伺ったのですが(対応ありがとうございました)すでにリニューアルしているので、残念ながら当時のエスカレーターではないとのことでした。

1969年当時の赤坂東急ビル(東急プラザ赤坂)にあった屋外エスカレーター
当時の赤坂東急ビルの屋外エスカレーター(日立評論1973年12月号より)
現在の東急プラザ赤坂の屋外エスカレーター

1959年、1967年、1969年という数字が出てきましたね。

では、横手山の「スカイレーター」を見てみましょう。

1967年の竣工です。なんと梅田駅の「ムービングウォーク」と同じ年に作られています。梅田駅は8月末。ところがスカイレーターは同年7月です。つまり今年52歳の誕生日を迎えた「スカイレーター」は、どうやら確実に「現存する日本最古の動く歩道」(屋内屋外問わず)と言えそうです!
(つづく)

サマーイベント参加者大募集中です!くわしくはこちらを ✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」。標高1700mの高原で、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡

こんなオシャレなカフェがあった!!!(ありがとうございます)

2019.07.25

「こんなオシャレなカフェがあった」とインスタで紹介してくださったmanano1_2 さん。「2307スカイカフェ」店内からの一枚です。

写真に載っているのは特製ホットドッグ。見た目、普通のホットドッグとは違いますよね!

「2307スカイカフェ」では、店内をどんどんバリューアップ中です。標高約2060mなのにトイレはウォッシュレット!! 店内からも店外テーブル席からも絶景が楽しめます!

そして「2307スカイカフェ」店内からインスタグラム投稿していただくと飲み物が大幅割引されるキャンペーン実施中です(店内にある案内をご覧ください。といってもいつものように #横渋2019と入れるだけです^^)

「横手山・渋峠」では<インスタグラムキャンペーン>を開催中です。6〜7月月間賞はまもなく締め切り。雪の思い出、新緑、真夏の横手山渋峠。どんなテーマを考えますか?
月間賞は横手山渋峠スキー場ペアリフト招待券。どうしてもこの時期、応募が少ないので大チャンスですよ! 年間大賞には、横手山渋峠スキー場年間パス!です。応募方法は 「 #横渋2019 」をつけ、横手山・渋峠スキー場のインスタアカウントをフォローするだけです。詳しくは★キャンペーン★をご覧ください。

★キャンペーン
https://yokoteyama2307.com/campaign/
★横手山・渋峠スキー場のインスタアカウントをフォローしてください
https://www.instagram.com/yokoteyama2307/
★manano1_2さんの投稿作品をご覧になるには
https://www.instagram.com/p/B0U1krUleJo/

この「2307スカイカフェ」を基地として(夜間イベント参加者限定特別開店)星空観察会も予定しているサマーイベントは8月3日(土)〜4日(日)! くわしくはこちらを ✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」。標高1700mの高原で、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡

このバスで星空観察会へ出発!

燻製缶イベント準備中!

2019.07.25

✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」の高原を会場に、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡

連日、スタッフは走り回っています(右往左往とも言いますがw)。

バーベキュースタンドは新品を用意。スモークチップも個数分用意。着火用のバーナーは? 革手袋は?…OK。炭を買い忘れていないか? あ…

会場予定地の一つをご紹介しましょう。横手山山頂が望める横手第1スカイペア乗り場近くの広い緩やかな斜面。それとも近くのコンクリート地面にしようか、などと天候との兼ね合いも考えながら計画中です。

ちなみに、規則正しく並んでいるのは林間学校で使う飯盒炊飯用のドラム缶です。この左下には臨時の水場も用意されています。スキー場を歩いてみると、滑っているときのスピード感とは違って、広いんだなぁと実感します(笑)

そしてスタッフは連日、実験と称してスモーク中w

バーベキューが終われば、星空を見に「2307スカイカフェ」までバスで向かいます。通常営業を終えている「2307スカイカフェ」を貸し切り基地にして、真っ暗な「のぞき」から降ってくるような星を楽しみましょう!

宿泊は「熊ノ湯ほたる温泉」にある志賀パレスホテル。もちろん、温泉ですよ!そして参加されたグループごとに、グッズプレゼントも準備中。

まだお見せできませんが、グッズをあげちゃうよ〜

【イベント概要】講師 澤井雅和氏(ロケットストーブや燻製缶の制作愛好家)

8月3日(土)
午前11時までに志賀パレスホテルチェックイン(荷物預け)後、制作会場へ。
11:30〜13:00あらかじめ講師によって加工されているオイル缶を組み立て「燻製缶」を制作。
燻製を楽しみましょう。
13:00〜BBQパーティ
18:30〜早めの夕食後、サンセット&星空観察会へ出発
19:00〜20:30 サンセット&星空観察会
21:00ホテル帰着、各自温泉をお楽しみください
8月4日(日) 各自朝食後チェックアウトください。志賀高原や湯田中、軽井沢、草津、万座への観光もお楽しみください。

■このイベントのために夏休みの土曜日としては特別価格の宿泊代を設定しました。このイベントに参加しない方には適用されません。
▶例)大人2人+小学生1人家族の場合、1泊2食3名様宿泊特別価格22,950円(+税)。宿泊代は人数、年齢によって異なりますので、こちらからご予約ください。
■バーベキュー代 大人3000円(ビール1杯付)、子供1500円、幼児800円(グループごとにソフトドリンクを用意します)。
★星空観察会 大人1000円、子供500円(幼児無料)。バスでの送迎および現地での温かい飲み物付き 1グループごとにLEDヘッドライト貸付
■燻製缶制作教室 1グループ5000円(燻製缶1セット、用品代実費および講師代を含む)。
■バーベキュー及びイベント総費用は、実費のため、現金でホテルでお預かりします。なお星空観察会・ゲンジボタル観察も実行不可能な場合は、観察会費用を返金いたします。

志賀パレスホテルに「こども移動昆虫館」開館中!

2019.07.24

いよいよ梅雨明け目前、猛暑! 涼しい2307横手山・渋峠で行われるサマーイベント (✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」。標高1700mの高原で、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡)の宿泊先となるのが志賀パレスホテルです。

志賀パレスホテル全景
志賀パレスホテル玄関
入口はこちらです

その志賀パレスホテルに、夏休み期間中「こども移動昆虫館」が開設されています。「こども移動昆虫館」には、小学校の教科書に出てくる92種類の標本が展示されているのだそうです。すごい!

志賀パレスホテルで開館中のこども移動昆虫館
志賀パレスホテルで開館中のこども移動昆虫館には、92種類の標本と写真がズラリと並んでいます

埼玉県の中学校で理科の教員をされていた大熊光治(こども移動昆虫館館長)さんが、教員時代に教材として作製した標本に「埼玉昆虫談話会」から提供されたものを加えたものだそうです。

親子で一緒に「燻製缶」を制作して、バーベキューを楽しんだあとは、この「こども移動昆虫館」が待っています。そして夜には満天の星空が!

なお、こども移動昆虫館は無料です。志賀パレスホテルに宿泊されていない方でもご覧いただけますので、フロントに声をかけてくださいませ。

サマーイベントの宿泊予約をお急ぎください!

天空のリゾート「2307横手山・渋峠」燻製缶づくりと星空観察会イベントは8月3日開催

いよいよ梅雨明け目前!雲海を目指して横手山・渋峠へ

2019.07.24

早朝、横手山側から渋峠へ向かう絶壁の道路を走っていると洞門(ロックシェッド)の柱の隙間や、展望スペースに三脚を立てて撮影している方を見かけます。雲海をスローシャッターで撮影しているのかな?と思いながら先を急ぐのですが^^

今日は、pic_tetsuji さんの雲海写真をご紹介。今にも雲が流れでそうですよね!「幸せな夏休みのはじまり」とのコメントがうらやましい。ハッシュタグを見ると「フィルムカメラ」が入っているのですが…!どうやって撮るのか、フィルターはどうしているのか、今度教えてください^^

毎日のようにこんな風景が繰り広げられる横手山・渋峠。朝9時からはスカイレーター➡スカイペアに乗って山頂にある日本一標高の高い「満天ビューテラス」で撮影をするのもいいですよ。ホント飽きません。

「横手山・渋峠」では<インスタグラムキャンペーン>を開催中です。6〜7月月間賞はまもなく締め切り。雪の思い出、新緑、真夏の横手山渋峠。どんなテーマを考えますか?
月間賞は横手山渋峠スキー場ペアリフト招待券。どうしてもこの時期、応募が少ないので大チャンスですよ! 年間大賞には、横手山渋峠スキー場年間パス!です。
応募方法は 「 #横渋2019 」をつけ、横手山・渋峠スキー場のインスタアカウントをフォローするだけです。詳しくは★キャンペーン★をご覧ください。

★キャンペーン
https://yokoteyama2307.com/campaign/
★横手山・渋峠スキー場のインスタアカウントをフォローしてください
https://www.instagram.com/yokoteyama2307/
★pic_tetsujiさんの投稿作品をご覧になるには
https://www.instagram.com/p/B0Rd2XgAazW/

こんな雲海も見られるかも! サマーイベント参加者大募集中です!くわしくはこちらを ✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」。標高1700mの高原で、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡