横手山渋峠サマーイベントの全貌決まる!(第1弾?)

2019.07.21

お待たせしました!お問い合わせをいただいていた<✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」の高原で、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡>企画。決定しました!

まず申し込みたい!という方はこちらから!

今回のメインは、「自宅マンションでも楽しめる燻製缶づくり」です。ペール缶と呼ばれるオイル缶を使い(すでに講師の方が洗浄済)、必要な穴を開け網を組立てます。そのあとは、バーベキューセットを用意してありますので、ビールとお肉を心ゆくまで楽しみましょう!!–という企画。もちろん、作ったばかりの燻製缶の出番です。高原のバーベキューを楽しみたいだけのグループでも、お子さんの夏休みの課題工作にも、最適ですよ!

燻製缶の作り方については、講師が試作を重ね、難しいところはあらかじめクリアしていますので「お子さんと一緒に30分程度あれば作れます」とのこと。必要な工具なども基本準備していますので、皆さんで譲り合いながら、ワイワイ楽しみながら作りましょう。

燻製缶には、温度計もつきます! 今回はマンションのベランダなどでも使える低温燻製を前提としています。バーベキュー食材と同時に燻製用の食品も用意しますが、ご家庭から(温度管理の上)燻製してみたい食材をお持ちいただいてもOKです。ご自分の好きな食材(チーズでも、カマボコでも、ハムでも、ナッツでも)を持ち込んで楽しんでください。ただし、例えば豚肉など火入れしないと食べられない食材は不可ですのでご注意ください。そして…

夜は、星空観察会を行います。そのためにホテルに食事時間を早めてもらいました。専用バスで皆さんを標高2056m地点にある「2307スカイカフェ」までお連れします(昼からビールを飲んでいても安心です!)スカイカフェでは温かい飲み物と(+きれいなトイレ)をご用意し、夕暮れからスタータイムまで、お楽しみいただきます。夜ですので、グループ単位で強力LEDヘッドライトをお貸しします(星空を見る邪魔にならないようにあくまで安全確保のために使用します)。

もし、曇っていたら…ホテルからすぐ近くにある「ゲンジボタル観察ポイント」へみなさまをご案内します。星空観察会のあとでもまだ元気なら行くことも可能ですよ!

宿泊は志賀パレスホテルをご用意しています。

✨️🌠天空のリゾート「2307横手山・渋峠」で、親子・グループで「燻製缶」を作り、夜は星空観察会を!✨️☆彡

講師 澤井雅和氏(ロケットストーブや燻製缶の制作愛好家)

8月3日(土)
午前11時までに志賀パレスホテルチェックイン(荷物預け)後、制作会場へ。
11:30〜13:00あらかじめ講師によって加工されているオイル缶を組み立て「燻製缶」を制作。
燻製を楽しみましょう。
13:00〜BBQパーティ
18:30〜早めの夕食後、サンセット&星空観察会へ出発
19:00〜20:30 サンセット&星空観察会
21:00ホテル帰着、各自温泉をお楽しみください
8月4日(日) 各自朝食後チェックアウトください。志賀高原や湯田中、軽井沢、草津、万座への観光もお楽しみください。

■このイベントのために夏休みの土曜日としては特別価格の宿泊代を設定しました。このイベントに参加しない方には適用されません。
▶例)大人2人+小学生1人家族の場合、1泊2食3名様宿泊特別価格22,950円(+税)。宿泊代は人数、年齢によって異なりますので、こちらからご予約ください。
■バーベキュー代 大人3000円(ビール1杯付)、子供1500円、幼児800円(グループごとにソフトドリンクを用意します)。
★星空観察会 大人1000円、子供500円(幼児無料)。バスでの送迎および現地での温かい飲み物付き 1グループごとにLEDヘッドライト貸付
■燻製缶制作教室 1グループ5000円(燻製缶1セット、用品代実費および講師代を含む)。
■バーベキュー及びイベント総費用は、実費のため、現金でホテルでお預かりします。なお星空観察会・ゲンジボタル観察も実行不可能な場合は、観察会費用を返金いたします。

(燻製実験中。ホントはもちろん蓋します)

スタッフは実験と称して毎晩燻製中だったりしてw。

さらに宿をグレードアップして宿泊したい方には「一茶のこみち 美湯の宿」でもプランを作っていただくことになりました。こちらはトリップアドバイザーランキングで「外国人に人気の日本の旅館」ベスト3に選ばれたまさに「美湯の宿」です。続報を待ってね!

横手山スカイカフェと渋峠日本国道最高地点からの絶景!(本日)

2019.07.20

今朝は素晴らしい〜!(ちなみにイベント募集本日発表予定です)

2307スカイカフェ開店準備に上がったスタッフと、渋峠の準備に上がったスタッフからほぼ同時に写真が送られてきました! それくらいよいということでしょう。

渋峠の日本国道最高地点2172mからは、芳ヶ平湿原を眼下に草津や榛名山系も望めます。

2307スカイカフェからは、雲海の向こうに、北アルプスが見えます。今週末横手山・渋峠に来る方はラッキーかも! あ、18歳以上のかたは、期日前投票を済ませてからお越しくださいネ(本日土曜日20時までやっています)

今日の、日本で一番標高の高いテラス「2307満天ビューテラス」での絶景があなたを待っていますよ〜^^

夏のスキートレーニング!

2019.07.19

志賀高原横手山・渋峠エリアから少し下った平床地区にある「幸の湯」さんにお邪魔してきました。こちらは夏はゲンジボタル生息地として有名な石の湯のすぐ上にあたる場所。

なぜお邪魔したかと言えば、日本を代表するレーシングスキーヤー海和俊宏さんが「ここにすごいトレーニングマシンがあるんだよ」と教えてくださったから。

突然の来訪にも快く説明してくれた「幸の湯」の井戸さん。時間があったら実際に体験してレポートしたかったのですが…かなりの大きさのSkytech Sports社のスキーシミュレータが奥の部屋にドーン。

写真の通りまんまスキーです(スノーボードも可能)。体重移動すると左右に振れていきます。正面には鏡があって自分自身の姿を見ることもできるし、ゲームのように斜面を投影することもできます。

コース、スピードや雪質など条件を変えることができ、内傾角度の最大値や平均値、谷足にかかる圧力、ターン数など、様々なデータを計測できるそうです。

日本国内でこのシミュレーターを利用できる場所は、幸の湯さんを含めてわずかに2か所だとか。ン千万円もするというマシンだけに、利用料もそれなりにするのですが、やってみたくなりますよね。お子さんはすぐにコツを掴んで、ビュンビュン左右に振って楽しめるんだそうです。レースで勝つためにはこうした機器でのトレーニングが常識になるのかもしれません。

次回は、実際に体験させてもらってレポートしたいと思います(ホントか?できるのか?w)

ゲンジボタル生息地へ

2019.07.18

夏の志賀高原で多くの人を惹きつけるのがゲンジボタルの幻想的な光の饗宴。日本で一番標高の高いゲンジボタル生息地として石の湯のゲンジボタルは国の自然天然記念物指定を受けています。

幻想的な守の雰囲気におもわずうっとり

志賀高原のゲンジボタルは、長期間にわたって発生することでも知られています。その発生期間は、なんと5月〜10月までといわれ、これまた日本一。きっと栄養分のある温泉成分が川に溶け込み、高地にもかかわらず温暖なのが、エサとなるカワニナが多いからだと想像しているのですがどうでしょう? といっても大量発生するのは、やはり7月中旬〜8月半ば。

今年の梅雨明けはずれ込んで7月25日前後と予想されているようですから、これからの時期がベストですネ。最盛期は、一般車両の通行が規制されるほどの混雑。写真撮影も三脚が禁止されているので、夜訪ねるのはまたの機会として、日中、静かな時間に寄ってみました。

横手山・渋峠スキー場のある硯川(熊ノ湯ほたる温泉)地区からすぐ近くにある石の湯地区。日本一標高の高い国道(渋峠)、世界一のスカイレーター、日本一標高の高いスカイテラスの絶景を楽しんだあとは、志賀高原のホテルに泊まって、ゲンジボタルを楽しむのも素敵ですね。

志賀高原観光協会のサイトより

横手山・渋峠エリアではサマーイベントを企画中。そちらでもホタルの観察も可能ですよ!

今日の天空は晴れています!

2019.07.17

今日の「2307満天ビューテラス」からの絶景をどうぞ!

現在、スタッフは8月3日(土)〜4日(日)のイベント内容と必要な用品リストを詰めているところです。グループホテルの志賀パレスホテルにも無理をお願いし、お部屋を確保・特別料金を設定してもらい、詰めこんだ企画を時間軸で整理整頓中。募集開始までもう少しお待ちくださいネ