雲海の渋峠(でも今日は晴れ!)

2019.06.25

早朝の日本国道最高地点(2,172m)を訪れました。標高が高いだけに、梅雨の雲も多くは下界に広がり、展望がいいことも多いのです。

左下に広がる湿地はラムサール条約に登録された「芳ヶ平湿原」(こちらのリンクを辿るとPDF版ミニブックがあります)です。緑が鮮やかになってきました。その先の雲のなかが草津温泉です。

そして右に見えるのが裏白根の噴気(裏か表かは立ち位置によりますがw)。その上に湯釜があります。湯釜は現在立ち入り禁止でエメラルドグリーンの湖水を志賀草津高原道路から見ることはできませんが、じつは、横手山頂神社からは望むことができるのを知っていますか?

横手山頂には、スカイレーター+第3ペアリフトでどうぞ!

なぜか目立つ看板!

2019.06.24

最近志賀高原の道(国道292)を走っていると、目に付く看板がありませんか? 記憶に間違いがなければ、冬にはなかったような気が…。

それがこちら!

クルマを停めて、真面目に読むと…ちょっと怖い(笑)。

そして、志賀高原への登り口には「料金所」ができていました! 竹の子(正確にはネマガリダケ=チシマザサ)採りには、入山料がいるのです。

この時期志賀草津高原道路を走ると、所々に許可証を掲示して駐車しているクルマを見かけるはずです。ドライブされる方は、九十九折りの絶景ポイントで景色に見とれることなく、道端のササ林のなかをごそごそしている人たちに、ご注意くださいね。

これが宝の山に!

採れたタケノコがこちら。保存には新聞紙を濡らしてくるむのが最適だそうです。焼いたり蒸したり、「タケノコ汁」にしたりするときにオススメがこちらの手作り味噌。

大豆やコメも長野産を使い地産地消を目指している志賀高原の小さな醸造所でしっかり熟成してつくられています。2307スカイカフェ」でも販売していますよ^^

横手山・渋峠スキー場<インスタキャンペーン>。6+7月の月間賞募集が始まりました。雪の思い出でも、初夏の横手山?渋でも大歓迎。ぜひアップしてください!
年間大賞の賞品はシーズンパス! 横手山・渋峠で写真を撮ったら横手山・渋峠スキー場インスタグラムのアカウントをフォローし「#横渋2019」をつけてインスタに投稿するだけ。

★キャンペーン内容はこちらで確認ください
https://yokoteyama2307.com/campaign/
★横手山・渋峠スキー場のインスタアカウントをフォローしてね
https://www.instagram.com/yokoteyama2307/

★タケノコのインスタ写真はこちら

晴れたり、霧だったり、雲海待ち!

2019.06.23

横手山スカイレーターを上がって、満天ビューテラスへ向かいます!

たくさんのお客様が、駐車場にクルマを停めて山頂を目指しています。

今朝5時は快晴に近く、その後雲中になり、晴れ間が出て…目まぐるしく動いています。

さて山頂まで、GO!!

さて、満天ビューテラスに着きました!

ダイナミックな雲の動きに見とれます^^

国道最高地点は別天地

2019.06.23

先日、朝の気温が1度だった渋峠!

標高650m前後の湯田中渋温泉郷が20度でも、10度切る気温になっていましたから^^夏でもエアコン要らず。蒸し暑い平野にお住まいの皆さん、別天地にお越しになりませんか? ただし渋峠ホテルさんによると「暖房は10か月必要。薪はいくらあっても困らない」だそうです(笑)

国道側から見るとまだこんなに雪が! それでも5月末だとリフト乗り場が見えなかったので、だいぶ減りました。7月まで確実に残りますね。

「この雪を営業終了直後に遮熱シートで覆ったら、夏中保つかな? そうしたら子供さんにも喜ばれるイベントできるかも?」なんて、早くも来年のイメージをしています。

今日の山頂!(雲海待ち)

2019.06.22

今日は朝早く「2307満天ビューテラス」のある山頂にやってきました。

雲が早く流れていきます。雲海ができたり、一気に晴れたり、霧に覆われたり、目まぐるしく変化しています。

1日見ていても飽きないなぁ。

横手山スカイレーターは、本日も9時から営業開始です。2307スカイカフェでは、インスタキャンペーンも実施中ですよ